注文住宅で理想のMay homeを実現~こだわりのある住宅創り~

real estate

一戸建ての建築

新築一戸建てを建てる

home

新築一戸建てを建てるためには、まず、その土地を探さなければなりません。住宅用の土地はたくさん余っているようで、意外と気に入るものはありません。見た感じでは、どの土地もよく見えるのですが、実際に一戸建てを建てると思うと、いろいろな欠点が見えてしまうからです。そのため、多少の欠点があったとしても、その欠点を逆に活かして建築するようにしなければなりません。例えば、高低差が大きい土地であれば、掘り込みのガレージを造ることで敷地を有効に活用したり、見晴らしの良さを活用した一戸建てを建てるなど、デメリットをメリットに変える方法があります。角が切れたような不整形な土地でも、その形を活かしたエクステリアをすることも考えられます。

エクステリアを重視しない傾向

住宅といえば、インテリアだけでなくエクステリアも重要ですが、最近の一戸建ての場合、エクステリアはそれほど重視されません。エクステリアは意外と費用がかかり、敷地面積が広くなればなるほど、数百万円以上もかかるような工事費になります。そのため、建築当初から完成されたエクステリアを造ることは少なく、自分の手で少しずつ手を加えていくことが多いのです。多くの住宅がオープン外構を採用しており、駐車場以外にはエクステリアの工事をしないような場合もあるため、あまり手を加えなくても目立つことはありません。無駄に費用をかけないためにも、一戸建てでの生活をある程度行ったうえで、エクステリア部分の工事を行うことが効率的です。